犬と猫のブログ

我が家の犬・猫の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ミム」です。

最近のミム
 お父さんは、「ミム」と呼びますが、おかあさんが呼ぶときには、「ミン」と聞こえます。
 我が家で、私だけが「カラス猫」ですが、この「濡れ羽色」、実は紫外線に大変弱く、油断していると、赤茶けてきてしまい、男前が台無しになってしまいます。
 私は、争いごとが大嫌いで、多分、我が家のなかま内で、喧嘩をしないのは、私だけではないでしょうか。

 これから、お父さんに、いろいろありました、私の半生を紹介してもらうことにします。



初代イ・ノイ
 「ミムの母親」

 ミムの母親は、2002年、年が明けて間なしの頃、チャムトーンの養魚池の番小屋に置き去りにされておりました。ほかにも、猫が何匹かいて、ここなら、何とか面倒を見てもらえるのではないかと、元の飼い主に捨てられたようです。
 ここが新しい飼い主の家と、覚悟を決めていたのか、逃げ出したりもしないで、すり寄ってきました。
しかたがないので、「ノイ」と名前をつけて飼うことになりました。

 「ノイ」というのは、「小さい」という意味ですが、メス猫なので、通称は「イ・ノイ」です。
姪の「ノイ」と同じ名前ですが、人間の呼び名と区別するために、声調をちょっと変えて呼ぶようにしておりました。姪を呼ぶときは、平板に「ノイ」と呼ぶのですが、「イ・ノイ」の場合は、「ノ」をやや高調子にして呼びました。

 「イ・ノイ」は、その年の暑い盛りに、子猫を数匹産みました。 そのうちの1匹が、「ミム」です。ほかの兄弟姉妹たちは、近所などに里子に出されていきましたが、次々と先立ってしまって、今も生きながらえているのは、「ミム」1匹だけです。
 子育ての上手だった母親の「イ・ノイ」も、子育てが終わって、一段落した頃、行方不明になってしまい、残されている写真は、2枚だけです。
 現在、2代目の「イ・ノイ」がおりますが、血のつながりはありません。

 「ミム」
  「ミム(มิม)」というのは、小生の聴き間違えで、「ミン(มิน)」が正しく、真っ黒な「釜の煤」という意味らしいです。
 「イ・ノイ」の産んだ子猫のうちでは、もっとも発育の悪かった末っ子の「ミム」は、健康に育ってくれるか心配で、どこにも里子に出されず、家に残る事になりました。

子猫時代のミム

この写真は、その後の「ミム」の半生を象徴するような気がして、大判を掲載しました。ETのようですね。2002年7月、生後2ヶ月ころに撮ったものです。
 発育不良で、「おにぎり」形の顔は、美形ではありませんが、「醜いアヒルの子」のような感じがしないでもありません。角膜が十分成長していない、この目がとても素敵で、お気に入りの写真です。

元気な子猫になったミム その後、「ミム」は、心配していたほどのこともなく成長し、オス猫であるため、避妊手術を受けることになりました。
 (右の写真は、手術を受ける前、「三角おにぎり」から、2ヶ月ほどあとにとったものです。)

 避妊手術から回復して程ない頃から、「ミム」が本領を発揮し始めました。
 ほかのメス猫が産んだ子猫たちに、授乳を始めたのです。

 子猫をあやすのが大好きで、メス猫に生まれればよかったと思っていたのかもしれません。
 まだ出産経験のない若いメス猫や、不慮の事故などで子猫を失った親猫が、ほかの猫の子を育てることは、ままあることなのですが、「ミム」は、オス猫です。
 離乳期を過ぎた子猫は、まだオッパイが欲しいと思っても、母猫に邪険にされることが多いもので、母親がダメならと、当たりかまわず乳首を探しまわったのでしょうが、嫌がりもせず、というか、嬉々としてミルクの出ないオッパイを吸わせている姿を見て、感激してしまいました。猫とのかかわりは長いのですが、こんなオス猫は、あとにも先にも、「ミム」だけです。


( 続く )


スポンサーサイト

PageTop

「ミム」  (続き)

 その後は、日々、大して変わったこともなくすごしてきた「ミム」ですが、2003年のソンクラーン(タイ新年)の直前、4月10日に家出し、13日にいったん戻ってきたのですが、15日に再び行方不明になったまま、2ヶ月半もどこかを放浪していたようです。
2003年の日記から、その頃の、「ミム」についての記事を、抜粋してみました。


2003年
4月10日(木)
  ミム、行方不明。朝から、姿が見えない。
4月11日(金)
  ミム、やっぱり、戻ってこない。
4月12日(土)
  ミムはまだ帰ってこない。
4月13日(日)
  とても、うれしいニュース。ミムが戻ってきた。
 4日ぶりに戻ってきた。これも、土地神様のおかげか。そんなにやつれた様子もなく。

(このあと、日記が中断しているが、4月15日から、また姿が見えなくなる。
1ヶ月ほどたったころから、「ミム」は、どこかでのたれ死にしたものとあきらめて、「ミム」のことは、考えないことにした。あとにも先にも、「ミム」のように行方不明になったまま、帰って来ない猫は、何匹もいた。)
 
7月1日(火)
  とてもうれしいニュース。
  ミムが、2ヶ月半ぶりに戻ってきた。
  チャムトーンで、気分が悪くなり、バイクで家に送ってもらう途中、
  500mほど来た路上で、黒い猫が、ゴミ回収車が落としていったゴミ袋をあさっていた。
  運転していた姪が見つけて、「あれは、うちの猫だよ、きっと、尻尾が曲がっているもの」というので、バイクを止めてもらい、名を呼ぶと、覚えていたらしく、甘えた声で、すり寄ってきた。
抱きあげて確認するまでもなく、「ミム」だった。
  気分が悪いのも忘れて、とって返し、ペット・フードを与える。

  空腹のあまり、一気に呑みこむものだから、少し食べては、吐き出す。
 それにしても、随分とやつれて、「烏の濡れ羽色」だった毛は、赤茶け、痩せて骨と皮だけになってしまっていた。
  行方がわからなくなってからの「ミム」が出会ったであろう艱難辛苦をあれこれ推察し、たまらない気持ちになった。
  どこか遠くへ誘拐されたにちがいないが、なつくまもなく、逃げ出して来たにちがいない。
  良くぞ戻ってきた。ほんとに生きていてくれてよかった。ありがとう。
  早く体力を回復して、元気になってほしい。

  このところ、悪い話ばかりで、みんないやな思いをしていたが、ほんとに、うれしいことだ。
7月2日(水)
  ミムいくらか元気になる。
7月3日(木)
  ミム少しよくなる。
7月4日(金)
  ミム、すっかりやせて、骨と皮だけみたいだが、元気は出てきた。よく寝る。それがいい。
7月6日(日)
  ミム、いくらか太ってきたかな。
  
戻ってきたミム


9月18日(木)
 ミムは、擦り寄ってきて甘える。走れるようになり、
  失踪から戻って以来、やっと、これでもとに戻った感じがする。

11月1日(土)
  ミム、またまた、チャムトーンを家出。すぐに見つかったが、家の方に連れ帰って飼うことに決定。
  後追いする癖がついたみたい。チャムトーンには、いろいろ、いにくい理由があるようだ。
 12月1日(月)
  子猫、2匹は、久しぶりにチャムトーン泊まり。
(具合が悪くて、一時的に、家の方で保護していた子猫)
  ミムの、家の玄関口で子猫を待つ姿がいじらしい。
 12月16日(火)
  ミムとゴロウにも、シンの風邪がうつったらしい。軽くすめばいいが。

  


 このあと、我が家の猫たちの間で、猫風邪が大流行。FVR(猫伝染性鼻気管炎Feline Viral Rhinotracheitis)という猫特有のウィルス性の風邪でした。
 沢山の猫を狭い空間で飼っているため、伝染するのを防ぎようがありません。
 チェンライに越してきてはじめて、しまいこんであった「電気カーペット」、壊れかかった「電気コタツ」を取り出してきて、寒がる猫のために使いました。
 それでも、どう見ても助かりそうもない猫が数匹いて、「ミム」もそのうちの1匹でした。
 無理やり餌を食べさせたり、注射器を使って水を飲ませたり、果ては、人間用の解熱剤「バッファリン」を、のどに押し込んだり、1ヶ月あまり猫たちの看病を続けましたが、 口惜しいことには、高齢の「ゴロー」だけは、助かりませんでした。「ゴロー」の死んだ25日から、「ミム」は少しづつだが餌を食べられるようになって、なんとか一命を取りとめることが出来ました。

 年が明けて、温かくなりだした頃から、「ミム」は、目に見えて太りだしたのですが、おなかだけが大きくなるようで、オス猫なのに、スワ妊娠などと勘違いさせられたりしました。さながら、「となりのトトロ」のような体形になってしまい、歩くのもつらそうでした。この頃の体重は、6kgを越しておりました。

 後になってわかったことですが、「ミム」は、FIP(ネコ伝染性腹膜炎)という、猫にとっては、致命的なウィルス疾患にもかかっていたことがわかりました。致死率が非常に高く、まず助かることはない病気らしいのですが、「ミム」は、この病気にも打ち負かされることはありませんでした。ずっとあとになってのことですが、「シン」と「イ・トイ」が、このFIPが原因で命を落とした、猫にとっては恐ろしい病気です。

 「ミム」の大きくなったお腹は、実は、腹腔内にたまった腹水が原因なのだそうで、「ウェット・タイプ」の「FIP」というのだそうですが、助かることは稀なことらしいです。長期の行方不明からの帰還といい、猫風邪といい、「ミム」は、強運の持ち主です。
 我が家には、沢山の猫がおりますが、「ミム」ほど波乱にとんだ半生を送ってきた猫はほかにはおりません。

 「FIP」で、おなかが大きくなって半年ほど経過した頃、マッサージをしてやることを思いついたのですが、そのかいあってか、膨れたお腹は、少しづつですがもとに戻りはじめました。それでも、たるんでしまったお腹の皮は、元には戻りませんでした。

 風邪をひいて鼻水の出る猫も、いつのまにか自分で鼻をかむことが出来るようになるものですが、「ミム」は、あれ以来、鼻水が出ないということがなく、鼻がふさがり気味で、自分では鼻くそをとることが出来ないため、鼻をかむことが出来ません。 「ミム」の鼻くそ掃除をするのが、毎日の日課になってしまいました。
 ついうっかり忘れていると、向こうから催促するようになりました。
 猫は、食べ物を食べるかどうか匂いで決めるので、鼻がつまっていると、何も食べることが出来ず、飢え死にしてしまい、これだけでも致命的ということが出来ます。

 長い、しかも度重なる看病をしてきたせいか、小生の姿を見つけると、必ず近寄ってきて、顔色をうかがい、顔を近づけると小生の口のあたりに鼻をすり寄せ、匂いをかぐようなしぐさをします。「ミム」の体調が悪いときは、鼻が臭いのですぐわかります。

 「ミム」は、おなかが膨れ始めた頃から、ヘルス・メーターで体重を量ることがたびたびあって、いまでも、風呂場の体重計の上が大好き(?)で、体重計に乗って昼寝をしているのをよく見かけます。もしかすると、体調がよくないことの意思表示なのかもしれませんが、特別なことでもないかぎり、見てみぬふりをしております。何しろ、「ミム」以外にも、我が家には、20匹以上の猫がいるため、「ミム」だけにかまけているわけにはいかないのです。
 こんな関係は、これからも、どちらかが、この世からいなくなるまで続くのでしょうが、出来るだけ長く続いて欲しいと思っております。

 (感想)
 「ミム」は、人間なら、さしずめ「苦労人」とでもいうのでしょうか、まれに見るほど大人しい猫です。決してほかの猫と諍いを起こすことはありませんし、食事どきでも、少しはなれたところで、目の前に差し出されるまで、じっと待っています。歯がゆいくらいの奥ゆかしさです。
 己の欲望を満たすためには、手段を選ばない人間どもに、爪の垢でも煎じて差し上げたいような気になります。もっとも、「ミム」以外の我が家の猫たちは、人間様並みなものが多いようですが・・・。
 「ミム」は、小生の姿を見つけると、よってきてなにやら「あいさつ」をしているようですが甘えているわけではないようです。抱かれることは嫌いですし、ほかの猫のように添い寝などすることも全くありません。大人しく、奥ゆかしくみえても、「誇り」は高い猫のようです。
 こんな「ミム」には、教えられることが多いような気がしております。
 


最近のミム

 これが、最近の私ですが、前の写真の頭と胴体の大きさを見比べていただけると、おなかポンポコポンのときとの、ちがいがおわかりになれるかもしれません。
 体調がいいとき、ベランダで昼寝をするため、自慢の黒毛が、少々赤茶けてしまいました。
 今は「プン」姉御に次ぐ、高齢ではありますが、何とか、あと5年くらいは生き続けたいと思って頑張っております。

 これからも、どうぞよろしく。



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *


(追記 2011/12/25)
 昨深夜、「ミム」は、薬石効なく、逝ってしまいました。
 かれこれ10年に近い「ミム」とのお付き合いも終りました。
 前年の雨期の最中からの生死をさまよう医者通い、そして最後になった、今年の12月に入ってからの病状などは、すべて日記、「新・チェンライ便り」 に書き込んであります。「新・チェンライ便り」 を開いた後、最上段の「投稿内容」の黄色い「検索」フィールドの「ミム」と入力してクリックしていただければ、「ミム」に関する書き込みのすべてが、表示されると思います。

 ややこしいことに、チャムトーンには、もう1匹「ミム」が生きております。ですが、この「ミム」の代わりがつとまるということはありません。悲しいですが、 もうこの「ミム」とは、これでお別れです。 「生老病死」、生まれたものは何時かは死ぬのですから、しかたのないことです。諸行無常です。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。